☆1月1日(水) おせち料理☆

☆1月1日(水) おせち料理☆

2020年01月13日

 

 

 

 

 

 

 

<刺身>  鯛・サーモン・甘海老・他あしらい

<祝三肴> 黒豆(長老木)・数の子・田作り

<酢の物> 紅白なます

<口取り> 伊達巻・紅白蒲鉾・栗金団・葉付金柑・鰊昆布巻・かつおくるみ

<焼き物> 寒鰤の照焼き・合鴨ロース・鹿の子揚げ・蟹爪・若鶏の八幡巻き

<煮しめ> 有頭海老煮・梅花人参・木の葉南瓜・小茄子・くわい松笠・筍

      ・椎茸含め煮・絹さや

<椀物>  祝吸い物

<御飯>  御赤飯

<水菓子> メロン・柿

 

季節の変わり目の節句に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と

呼んでいましたが、やがて節句の中でも、最も重要な正月料理の事を、

「おせち料理」と呼ぶようになりました。

お正月は神様をお迎えし、新年の幸福を授けて頂く大切な行事です。

新年を迎える大切な正月の節句の日に神様に振る舞う御節料理には、

五穀豊穣・家内安全・子孫繁栄・不老長寿等の意味を込めた、

山の幸・海の幸を贅沢に盛り込みます。

大浦十三番館でも、新しい年の幕開けにふさわしく縁起の良い食材を、

おめでたい形に飾り切りし、

皆様のご多幸を願い、丹精込めて作りました。

本年も皆様が、元気で健やかに過ごせますよう

心よりお祈りいたします。