よくあるご質問

住戸と設備についてのご質問

建築・設備面でどのような防災対策がとられていますか?
建物は鉄筋コンクリート造の耐火構造で、火災や地震に対する防災設備には細心の配慮をしております。
住戸や共用施設には、自動火災報知器やスプリンクラーなどの自動消火設備も完備しております。
災害発生時は、非常放送、避難誘導灯、非常照明などにより、常駐スタッフが迅速に避難誘導をいたします。
非常時に備えて定期的(年2回)に防災・避難訓練を実施しますので、ご協力をお願いいたします。

質問一覧へ戻る

各住戸の安全対策や緊急時の対応はどうなっていますか?
各住戸には緊急通報システムとしてナースコールを、防災システムとしてスプリンクラー設備など安全な対策をとっています。
ナースコールは、リビングダイニング(寝室)・トイレ・浴室に取り付けてあります。緊急時にボタンを押すと、管理事務所とスタッフが携帯している非常用装置に通報され、ただちにスタッフが住戸までかけつけ対応します。
火災感知器は住戸、廊下にあり、自動火災報知器は、廊下の天井に取り付けられており、火災発生時に警報を発してご入居者に知らせます。
スプリンクラーは住戸内及び廊下の天井に取り付けられており、火災発生時に撒水することにより、初期消火に役立つ装置です。
非常用放送設備は、ホーム内で万一異常事態が発生した場合、ホーム内に一斉通報し、避難・誘導を指示するための放送設備です。非常放送用のスピーカーは、各階廊下の天井に取り付けられています。

質問一覧へ戻る