☆居留地まつり☆

9月14日(土)から16日(月)に

「居留地まつり」が開催されました。

大浦十三番館は、15日(日)に開催された

「居留地まつり大バザール」へ今年も出店いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

ご入居者様やご家族様より、

たくさんの販売品を寄付いただきました。

本当にありがとうございました。

売り上げは今年も「赤い羽根共同募金」へ

寄付させていただきます。

 

当日は気温が34度まで上がり、暑い日となりましたが、

たくさんの方にお越しいただき大盛況となりました。

ご入居者様も来て下さり、とても楽しい1日となりました。

2019年09月22日

☆9月5日(木) 夕食☆

 

 

 

 

 

 

 

ご飯

すまし汁

天ぷら盛り合わせ

もずく酢

刺身

 

天ぷらは日本古来の料理ではなく、南蛮料理です。

南蛮料理は、室町時代にポルトガルから長崎に伝わりました。

16世紀、南蛮料理を元に「長崎天ぷら」が生まれます。

「天ぷら」はポルトガル語で「四季の斎日」を意味する

「テンポラ」が語源という説があります。

四季の斎日とは、季節のはじめの三日間に、祈りと節食をする習慣です。

この期間中、信者は肉を食べる事が禁じられるため、

魚などに小麦粉の衣を付けた料理を食べていました。

この料理が日本に伝わり「天ぷら」になったと言われています。

この他にもポルトガル語で調味料・料理を意味する「テンペロ」や

「あ・ぶ・ら」の当て字で「天[あ]・ぷ・ら」など、

語源に関してはさまざまな説があり、

はっきりした事はわかっていません。

 

2019年09月16日

☆9月イベント情報☆

9月になりました。

旧暦では涼しい季節だと言われていますが、

まだまだ残暑が厳しい日が多いです。

今の季節は気温の変化が大きいので、

風邪等に注意していきたいですね。

 

8月は4日(日)に住宅型で、18日(日)に介護付で、

「そうめん流し」を行いました。

季節を感じられる楽しいイベントとなりました。

 

9月のイベントといたしましては…

9月14日(土)~9月16日(月)に開催される

「居留地まつり」の大バザールへ出店予定です。

大バザールは9月15日(日)となっております。

今年も売り上げは赤い羽根共同募金へ寄付いたします。

 

9月29日(日)には、「秋まつり」を開催予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は体操や団体ゲーム、スタッフによる出し物の他に

ゲストをお招きし歌を歌って頂く予定となっております。

ご入居者様と楽しい時間を過ごせるよう

準備を進めております。

今年も盛り上がること間違いなしです!

2019年09月06日

☆レクリエーション☆

介護付では、午後の時間にレクリエーションを行っています。

8月30日(金)に3階のご入居者様と一緒に行ったのは、

ボードを使用した「ダーツ」です。

一人一人、力いっぱいボールを投げ、

高得点を目指し頑張り、盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

8月18日(日)には「そうめん流し」行いました。

皆様、美味しそうに召し上がっておられました。

2019年09月01日

☆そうめん流し☆

8月も下旬になりましたが、まだまだ厳しい暑さが続いています。

引き続き熱中症等に気を付けていきたいですね。

 

夏の風物詩の一つといえば「そうめん流し」ですね。

大浦十三番館住宅型では8月4日(日)に

9階レストランにて「そうめん流し」を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

流れてくる素麵をお箸で掴み、美味しそうに召し上がる姿が印象的でした。

参加された皆様からは「美味しい」「楽しい」との声を頂きました。

 

暑さを吹き飛ばすような、涼しく楽しいひと時となりました。

2019年08月24日