☆7月1日(木)夕食☆

 

 

 

 

 

 

 

 

<7月1日(木)夕食メニュー>

・ミニチャーハン

・野菜スープ

・皿うどん

・白木耳の中華和え

・蒸し海老餃子

・果物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、長崎の郷土料理「皿うどん」を夕食に振る舞いました。

「皿うどん」は餡に豚肉、魚介類、たっぷりの野菜が入っており、

ヘルシーで栄養バランスも抜群の料理です!

皆様、「美味しかね~」と喜んで召し上がって下さいました。

 

長崎県で「皿うどん」の麺といえば、“細麺”と“太麺”の2種類があります。

“細麺”は事前に油で揚げることが多く、パリパリとした食感が特徴です。

“太麺”は中華麺(ちゃんぽん麺)を蒸す、

もしくはゆでて下ごしらえします。

“細麺”とは対照的に、麺のもちもちした食感が特徴です。

 

今回のご夕食には、“細麺”をご用意してみました。

皆様は、”細麺”と”太麺“どちら派ですか?

 

 

 

2021年07月19日

☆6月2日(水)夕食☆

 

 

 

 

 

 

 

<6月2日(水)のメニュー>

・ご飯

・すまし汁

・豚キムチ

・小海老のトマト煮

・豆乳蒸し

・果物

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はメイン料理に「豚キムチ」を振る舞いました。

「ピリッときて美味しいね」と皆様、喜んでくださいました。

 

さて、キムチには多くの乳酸菌が含まれているのをご存知ですか?

乳酸菌は生きて腸にまで届き、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

腸内の善玉菌が増えると、腸の環境改善へと繋がりますよ。

また、キムチの中にある白菜の食物繊維によって、

腸のぜん動運動が促進され、整腸作用が促されます。

 

そして豚肉には、

体を動かすエネルギーになり、

体の機能を高める効果のある栄養素となる

たんぱく質・ビタミンB1・ミネラルが豊富に含まれていますよ。

 

「豚キムチ」は、

キムチの香辛料が刺激となって食欲をアップさせ、

豚肉と共に摂ることで疲労回復や夏バテ解消などが期待できる

夏に向けてぴったりの料理です。

 

 

 

2021年06月15日

☆5月13日(木)夕食☆

 

【大浦十三番館十五周年 特別食献立】

<先 付> ミニトマト赤ワイン煮

<造 里> 鮪・鮃・他あしらい

<煮 物> 海老旨煮・南瓜・花人参・絹さや豆

<焼 物> 鯛柚子味噌焼・鰻卵・牛八幡巻

<揚げ物> 白魚変わり揚げ

<酢の物> 紅白なます

<椀 物> 祝吸い物

<ご 飯> 赤飯

<水菓子> 西瓜寒天

 

 

 

 

 

 

 

 

5月13日(木)は大浦十三番館の「創立記念日」でした。

今年で創立15周年となります。

記念としていつもとはひと味違う夕食を振舞いました。

「おいしかね」「記念になるね」

と皆様に喜んで頂けました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、白魚やゴボウ、トマト、西瓜など

旬の食材をふんだんに使用し、作りました。

旬の食材は、香りやうまみが豊富なので味が濃く感じられます。

また、旬の食材を食べることは、

免疫力を高めたり、抵抗力をつけたりと

丈夫なからだづくりにもつながっていきますよ。

 

 

2021年05月18日

☆4月6日(火)花見御膳☆

 

4月6日(火)のご夕食に「花見御膳」を振る舞いました。

彩りが豊かで、旬の食材を使った午前は皆様にご好評でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

~花見御膳の献立~

<先 付>空豆甘煮

<造 里>タタキ鮪

<煮 物>豚角煮、南瓜、桜人参、スナップエンドウ

<焼 物>鰆西京焼、はじかみ

<蒸し物>菜筍蒸し

<和え物>菜の花胡麻和え

<椀 物>桜つみれ、ほうれん草、柚子

<ご 飯>花寿司

<水菓子>桜もち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そら豆は、さやを天に向けて実ることから「空豆」、

もしくは、蚕が作るまゆの形に似ていることから「蚕豆」と漢字で書きます。

 

そら豆は、植物性たんぱく質を多く含み、

ビタミンB1、B2、Cなどの他、

ミネラルや炭水化物、葉酸も含まれています。

また、食物繊維も豊富で、便秘解消にも役立ちます。

そら豆の効能として、

疲労回復、貧血予防、整腸作用などがあり、

美容にも健康にも役立つ食材です。

入居者様の美容(若さ)にも、

更に磨きがかかるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

2021年04月20日

☆3月3日(水)昼食☆

 

 

 

 

 

 

 

 

<3月3日 ひなまつりのメニュー>

・ごちそうちらし寿司

・すまし汁

・炊き合わせ

・果物

 

ひなまつりには、

古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、

春の訪れを伝える旬の食材が使われています。

代表的なものとして、

はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、

ひなあられや白酒、ちらし寿司などがあげられます。

それぞれの料理や色にも、

縁起の良い意味が込められています。

 

<ちらし寿司>

ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、

えび=長生き、れんこん=見通しがきく、

豆=健康で“まめ”に働けるなど

縁起の良い具が祝いの席にふさわしく、

華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、

ひなまつりの定番メニューとなりました。

また、ちらし寿司にたくさんの具材を入れるのは

“生きている間、食べ物に困らないように”との

願いが込められているそうです。

2021年03月17日