☆5月13日(水) 大浦十三番館 創立九周年記念☆

H27.5.13 創立祭① H27.5.13 創立祭②

<当付>

・アスパラ胡麻味噌和え

<造里>

・真鯛 ・烏賊 ・梶木鮪 ・他あしらい

<煮物>

・車海老艶煮 ・魚身真丈 ・六方里芋 ・花人参 ・オクラ

<焼物>

・ローストビーフ ・魚西京焼き ・松風焼き ・鰻巻き

<酢の物>

・鰈南蛮漬け

<揚物>

・南瓜 ・空豆チーズ衣揚げ

<椀物>

・結び湯葉 ・占地 ・三つ葉

<ご飯>

・末広押し寿司 ・赤飯ご飯

<香の物>

・べったら漬け ・胡瓜漬け

<水菓子>

・メロン ・西瓜 ・祝羊羹

 

記念日に相応しく華やかで上品に仕上げ、皆様に満足して頂ける手作りの品を重に

詰めて提供させて頂きました。

九周年を皆様と迎えられたことに感謝すると共に、来年、再来年と末永く皆様と健康

に迎えられるよう祈願しながら準備をさせて頂きました。

2015年05月18日

☆4月8日(水) 夕食☆

H27.4.8 献立表H27.4.8 夕食①

・ご飯

・味噌汁

・魚の山椒焼き

・つわと薩摩揚げの煮物

・がんもどきと青菜の煮物

・フルーツ

 

本日の焼き物は、醤油・酒・みりんを合わせた調味液に白身魚を漬け込み、粉山椒の

風味を効かせて焼き上げています。

H27.4.8 夕食③H27.4.8 夕食②

粉山椒は、香り豊かな調味料として鰻の蒲焼きの臭味消しや七味唐辛子の材料として

用いられるほか、中華料理によく使われています。

生のものは、木の芽として使う直前に手のひらにのせ、軽く叩いて葉の細胞を潰し

香りを増加させて使用します。

特に筍との相性が良いので、木の芽を味噌と和えた「木の芽味噌」や「木の芽田楽」

として料理に登場することもあります。

 

小鉢は、春を感じさせる食材「つわぶき」を使った煮物です。

春は、心地よい風が吹き、草木が芽吹くとても過ごしやすい季節です。

春の訪れとともに、春野菜たちも次々と市場に出回っています。

厳しい冬を乗り越え、すくすくと成長した春の野菜はみずみずしく、風味もいいようです。

この時期は、野菜も新しいものが出回ります。

この時期にしか食べられない食材をしっかり食べて体調を整えていきましょう。

2015年04月11日

☆3月12日(木) 夕食☆

H27.3.12 献立表   H27.3.12 夕食③

・ご飯

・味噌汁

・魚のチリソース煮

・白菜と豚ばらの煮物

・長芋の明太子和え

・果物

H27.3.12 夕食②H27.3.12 夕食①

チリソース煮は、下味をつけて粉を薄くはたいた白身魚を油でカリッと揚げ、

長ねぎ・生姜・にんにく等の香辛料とケチャップとを合わせた特製チリソースだれに

絡めて仕上げています。

 

冬に美味しい野菜のブロッコリー・カリフラワーも色味に加えています。

ブロッコリーやカリフラワーは、つぼみの集まりを食べる「花野菜」の一種です。

つぼみには、開花に必要な栄養素が含まれているように抗がん作用をもつ成分を含む

ことから注目を浴びている野菜でもあります。

 

煮物に使用している白菜も冬の定番野菜の一つです。

生では、シャキシャキとした歯ざわりを楽しむことができ、本日のように煮込み料理

にすると柔らかく甘みがでます。

豚肉を加え、醤油とみりんで和風味に仕上げています。

2015年03月14日

☆2月13日(金) 夕食☆

H27.2.13 献立表  H27.2.13 夕食③

・ご飯

・味噌汁

・魚の塩焼き

・茶碗蒸し

・里芋のそぼろ煮

・果物

小鉢の”そぼろ煮”に使用している食材:里芋の主な成分はでんぷんですが、水分も多いので、他の芋類に

比べて半分以下ほどのエネルギーになります。

H27.2.13 夕食①H27.2.13 夕食②

独特のぬめりは「ガラクタン」と呼ばれる物質で、免疫力を高め、がん細胞の増殖を抑えてくれること

からがんや潰瘍の予防に効果があると言われています。

また、ぬめりの中には「ムチン」という物質も含まれています。

こちらは、タンパク質の消化や吸収を高め、胃腸の働きを活性させてくれます。

 

常食していれば肝臓や腎臓の弱りを予防し、老化予防に役立つと言われています。

本日は、挽肉だけでなく、玉ねぎやピーマン、人参も入れてそぼろ煮にし、提供させて頂きました。

2015年02月16日

☆1月1日(木) おせち料理☆

H27.1.1 おせち料理

<刺身>

・鯛 ・梶木 ・甘海老 ・他あしらい

<祝三肴>

・黒豆(長老木) ・数の子 ・田作り

<口取り>

・伊達巻 ・紅白蒲鉾 ・栗金団 ・葉付金柑 ・魚南蛮漬け ・海老テリーヌ ・法蓮草寒天

<酢の物>

・柚子香紅白なます ・菊蕪漬

<焼き物>

・真鯛黄金焼き ・寒鰤漬け焼き ・ローストビーフ

<煮めし>

・有頭海老艶煮 ・梅花人参 ・芽出し慈姑 ・豚肉八幡巻 ・六方里芋 ・花蓮根 ・昆布巻き ・絹莢

<椀物>

・祝吸い物

<ご飯>

・赤豆ご飯

<水菓子>

・メロン ・イチゴ

その昔、自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えた節供。また、供えたものを料理して大漁や豊作を願い、自然の

恵みに感謝して食べたと言われる「節供料理」から始まったとされる”おせち料理”。

子孫繁栄や子宝・無病息災・長寿・金運を願って縁のある食材を使って料理し、重箱へ揃えられています。

新しい年、皆様が元気で健やかに過ごせますよう心から願い、料理スタッフ一同、心を込めてご準備させて頂きました。

2015年01月14日